スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dominion

ついに大規模UpdateのDominionが着ました。

内容についてざーっと流すので、詳細は他のBlogなり公式なりを見てもらうとして、大きな変更はSovについてでしょうか。
今までのようにPOSを立ててSovを取るといった形からは変更されるようで、外である程度まとまった金額が動きそうです。
新しく追加されたNavy艦4種は、まぁ妥当な性能ですしFWでの報酬と引き換えといった形なので当座はうちが関わる事はないでしょう。ぜひとも欲しいと思えるような船でもないですし、なにより600~400程度の額出すに価するとも思いにくいです。それなら、強化された海賊艦を見た方が面白いと思いました。

Projについてかなりの変更が入っているので、使っている方はFITに悩むと思います。
弾の性能変更にArtyの性能の劇的な変更。これにより、ロングレンジでの使い方と言った今までminが苦手としていた分野でFITが組めそうだと思いました。

地味な変更として、Tractor等のSkill前提が緩和され、これから始める人にとって少し楽になったのではないでしょうか。

クライアント周りに関してはかなり動きが軽快になっている気もしますし、CPU負荷が少し下がっているようです。
しかし、多垢を同時起動する場合、以前に比べMem使用量が増えている気もします。
Planet等のテクスチャが大きくなったせいか、GPU Mem量によっては以前に比べ重く感じるかもしれません。
全体的に少し明るくなっているような感じも受けます。

新しいFleet Systemについては前に比べて便利になっています。かわりにUIが大幅に変わったMailの方が使い勝手が微妙に感じられるようになりましたが、追々慣れて行く事だと思っています。
追加された掲示板機能はかなり便利なので、それとあわせて前よりはいいと判断しました。

つらつらと書き連ねていますが、全体的に見るといい追加だと思います。
スポンサーサイト

久々更新

最近やっている事が代わり映えしていない。
WHでの活動では普通に皆利益を出せる程度の準備は出来たし、実際にある程度は利益が出ている。

まだまだできる事と可能だがやりたくない事等、色々あるのを追々やっていこうと思う。
ただ、現在のEVE経済はゆるやかなデフレ傾向にあり、Mineralやmod、Ship等の売価が軒並み下落している。
利益を出すためには、短期でやり取りする投機目的がしばらくは主流になりそうだ。
当座はMarket動向を見つつ短期で取引できる品に絞って利益を出していこうと思う。

話はかわるが



台湾すげーw
日本を完全に凌駕しておりますw

久々の活動

しばしOrder PvPで資金を稼いでいたが、さすがに目的もなく惰性で行動するのも限界があるので新たな事業でも始めようと思い立った。

また0.0に出る・・・いい加減疲れてきた
PvPでも再開する・・・そんな元気でもない気がするしうちは商売人が多すぎる
海賊も同じだから除外

WH・・・暇つぶしにはなるかな?

て事でWHを探して適当に足場作って新たな遊び場提供するぞ、と思い早速探索開始。

ない…さすがにHiSecから繋がる場所だとろくに空いていない。
今更Class1あたりに行ってもメリットも何もない。なにより通行許容量少なすぎてまともに輸送すらできない。

と探し続けて1週間。見つかる時は見つかるもんだと神に感謝なぞしつつ勢いで行動開始。
通行可能300Mkg、最大通過可能量2000Mkgとなかなか良さげな場所だ。
この容量等は以下のサイトを参考にさせてもらった。

http://games.chruker.dk/eve_online/inventory.php?group_id=988

ここで言うWH通過可能キャパシティとは船のMASSの数字である。
BS等で100Mkg弱、BCで20Mkg弱、IDSでも20Mkgと輸送するに十分な容積を誇る。
ちなみにOrcaは250Mkgで通行可能であるし、SkillとModとRIG次第ではあるがCorp Hangarとあわせて13万前後のCargo容量があるので輸送に使えるとかなり助かる。

容量が溢れるか一定時間が過ぎるとWHは閉じ、別のWHが開くのだが、これがHiSecだとあちこちに開き一時輸送は大変だろう。
最初はCitadel、次の日はKador、Domain、Lonetrekと毎日振り回される。
中から開けば輸送経路の確保は容易ではあるが、外から同じ場所に行くことのできる可能性は限りなく低い。
このため、中に誰もいない状態でWHが閉じてしまうとPOS等運び込んだ物は戻ってこないと考えるしかない。Altなりなんなりを常にPOSに常駐させる必要がある。出来れば保険として幾人かでProbeの使えるキャラと船を常駐させておきたい。

そして発見から5時間後…気がつけばすでにPOSが建っているのであった。

新城万歳

相変わらずOrderPvPしかやっていないのでEVEでのネタがない。
それはともかく




日本人としてツールでステージ5位は快挙でした。

5位とはいえ、張り合っていた面子が
1位 当代最強のスプリンター
2位 アメリカ期待の若手
3位 マイヨジョーヌ着たこともある有望な若手
4位 スプリント賞の常連
6位 U-23世界選手権の勝者

こんな中でよくやった、やっぱ自転車おもしろいわー

戦場の名残とTitan

少し前の話になるが、Empyrean Age実装時期に各国間で紛争が起こった。
その時、GALのMS NyxがCAL所属のStationに豪快にkamikaze。
以下その時のNews映像
これにより泥沼の戦争が開始されたはずであるが、報酬が微妙たなためPOD Pilotは大半がスルーしているのは余談である。



続きを読む

台場にGundam

Gundam1

台場になんかできてるらしい。

Gundam2

朝一の笑い

久々に見るがやはり秀逸だ
モンティパイソンの赤頭巾



日本語訳


Tech3艦

Strategic Cruiserは本体(Hull)と5つのパーツ(Subsystem)によって構成される。製造方法はTech2と似ているが、必要とする材料がWHで採れると違いもある。

Tech3のすべてはComponentから製造されるが、その素材はSleeperからサルベージと各種Polymerで構成される。そのうちPolymerはWH内で発見されるLadar Siteから採取したFullerene種のGusとMineralから構成されている。

以下詳細

素材のうちSleeperからのサルベージは通常と同じなので割愛。

Polymerの材料であるFullerene種のGusはWH内のLadarSiteから採取する。
そのPolymerは、POS施設のPolymer Reactor ArrayでReactionを行うことで生成される。
このPolymer Reactor Arrayは0.4以下のSystemにしか設置できない。
Reactionを行うには、Polymer Reactor Arrayの他に、Input用にSiloとBiochemical Silo、Output用にPolymer Siloが必要である。
触媒となるReactionはMarketで購入する。1個13.5M
以上のSiloに必要なGusとReaction、そしてMineralを入れる事により精製される。

Componentは通常の製造ラインで作成可能である。
Marketで販売されているBPC、以上の手順で入手したPolymer、Sleeper Salvagerd Materialを使いを製造される。

船体やSubsystemのBPCはWH内のHackingだったかAnalyzerだったか(どちらか忘れた)で見つかる、Ancient RelicをReverse Engineeringする事で作成する。

Reverse EngineeringはPOS施設のExperimental LabかCal OPを必要とする。
Ancient Relicを使い通常のInventionと同じ様な感じで実行する。
その際、Gallente Hybrid Tech Decryptor等のDecryptorを使用してどのRaceのBPCを作るか選択する必要がある。

Tech3の構成部品である船体とSubsystemはComponent、R.A.M - Starship Techから製造される。
製造は専用施設が必要で、POS施設のSubsystem Assembly ArrayかOPの専用ラインで行う。
製造Skillは重く、覚悟が必要である。
Cruiser Construction 5、Industry 5、Mechanical Engineering 4、製造したいRaceのStarship Engineering 5が必要になる。

6月6日Class6偵察

本日行われたWH内の体験ツアーの模様
class6anomary
どう考えても現状のFleetでは攻略不可能なため見るだけに留める。
規模的には間に合いそうだが、LogiやSpider Tank等一切考慮に入れないmission仕様の船が大半だったからであるが、いつかは攻略して見たいものである。

その2

その3
Class2のAnomaryであろう攻略風景を撮ろうとしたが、UI消したら敵も消えた。
遠景だと今一よく判らない。次回以降はもう少し考えてSS撮る必要があると認識する。

その4
Anomaryで出くわしたSleeperのCL。
変な形である。
CLのくせに妙に強くソロだと苦労する。BCかHACを持ち出せばソロクリアも可能であるが、BSだと機動性がなさすぎどうにも使い勝手が悪い。
CS出すほどの相手でもないが、攻撃も防御もALLぽい反則仕様。
SleeperBS出てきた日にはBCでも耐え切る事は難しかった。

尚、CLがキーだったようで、落すと次のWaveが来た。
Scramを仕掛けてくるFrigを落としBSから倒しつつ殲滅していくのがこのClassの鉄則であろうか。
Droneへ優先攻撃してくる点もあり、Ishtar等のDrone艦では苦労しそうである。
Tank担当がECMなりなんなりでタゲをがっつり持っていけば少しは戦いやすくなるかもしれない。

総評

WHを事前に確保してFleetで攻略するのではなく、WHを発見した時に暇な人を誘って潜るのが手間がかからないと判断される。
WHの寿命である16~24H経過で通路は消え、別のSystemに繋がるからだ。
それに加え、Anomary数が少なく、攻略済みのWHも散見された事から、時間との戦いであるとの認識を強める。
Class1や2であれば、発見用のOpsなりなんなりが1、攻略用の艦が1でなんとかなりそうではある。
人数が多いと殲滅戦になるため攻略は容易となるが、WHの通過可能容積との兼ね合いから大型艦の通行は見合わせておいた方がいいと判断される。BCサイズで十分である。
理想的な船はすべてを兼ね備え、Medを空けることの可能な艦になるのであろうが、なかなかすべてを満たす船はない。(Hacking等に対応するためにMedが必要である。)
Anomaryだけであれば、Drakeが耐久性、火力のバランスがよく攻撃にCapが不要であり、尚且つ保険が効くので使いやすく感じた。仮にNeut等を食らっても問題ないからである。

最後にYoutubeのprobe使用手順をLinkしておく。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。